09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

神の宮の島(2)

2014.09.25 (Thu)

神の宮の島(1)

それから、神は境内の授与所でお守りを買ってこさせた。
「って、なんで安産!確かに、『なんでも良いから一つ買ってこい』ゆうたが、なんで安産」
「え、だって、かわいかったし……」
「可愛ければ、何でもいいんか。おぬし、出産どころか生娘じゃろうに、なぜに安産。
バカじゃとは思っとったが、正真正銘のバカか」

そういいながらも、神は受け取ったお守りを両掌に包んで目を閉じた。
神の一員だという子どもの手のひらには大きく、指の間から紐がたらりと垂れている。
その紐が三度ほど揺れ動いたところで、神はそれを彩萌に返した。
「ほれ、うちの力を加えといた。いわゆる加護じゃ。これでうちは、いつでも彩ちゃんのそばにおる」
え、と軽く驚いた顔で彩萌は受け取ったお守りを見た。
手触りにも、見た目にも、何の変りもない、ただのお守りだ。
でもそれよりなにより、さっきまで『おぬし』呼ばれていたのに、『彩ちゃん』って呼ばれたのは気のせいだろうか。

「信じとらんね。このお守りは、もともと厳島の神の加護を受けとる。
うちの力も、ほんの少しじゃけど、入っとった。
ただそれを、彩ちゃん用にちょっと強くしただけじゃ。
見た目には何の変りもないけど、それでもこれで、うちは彩ちゃんのそばにおる」
だからそれを身近に持っておけよ、と言いながら笑う子どもの顔が、さっきとは何だか違って見える。

「えっ! だって、これ、安産のっ!」
「だーかーらー、なんで安産かぁ、言うたじゃろ。
安産守でほかの加護を受けられんわけじゃないが、彩ちゃんはそれを持って歩かんといけん。
妊婦でもない、若い娘が持ち歩くにはちと勇気のいる守護じゃけど、これが良いんじゃろ、しょうがない。
うちはなんでも良いけんね。」
「そんなあ……」
困り顔の彩萌を見ながら笑う、子どもの姿をした神は、それはそれは愉快そうに笑うのだった。



夜。
参拝時間を過ぎ、人ひとりいないはずの千畳閣の露台で、男が二人酒を交わしていた。
壮年をすぎ、老年に入ろうかというほどの歳に見えて、矍鑠とした雰囲気を漂わせる男たちは、
どちらも時代がかった衣装を身につけている。
無言で杯を重ねても重苦しい雰囲気が漂わないのは、彼らがともに過ごしてきた長い年月の賜物だろう。
彼らがここへ勧請されたのは明治になってからだが、遥か古い兵の時代を駆け抜けた仲間であり主従だ。
今さら肴になる話題を求める間柄ではない。
そこへ、小さな影が近づいていく。

秀吉がついと目を上げ、子どもの形をした神に歓迎の意を示した。
「珍しいの、お柱様がこちらに来られるとは」
「申し訳ない。今宵ばかりは、ちと心が騒ぎますゆえ、お相伴に預かりたく」
珍しいと口では言いながら、余分の杯を準備してあるところを見ると、意外どころか予想していたものらしい。
御柱様は用意されていた杯を手に取ると、秀吉の酌を受け、一息に煽った。
秀吉が言う以上に、この子ども姿の神が二人に混じるのは珍しい。

返杯を受けながら秀吉は、ふっと唇の端で笑った。
「今日は、面白そうな娘を見つけられましたな」
「よく見ておられましたな」
「あんな面白そうなものを見るなという方が無体じゃ。
いっそ儂も混ぜていただこうと出ていきかけたのじゃが、虎に散々に止められた。残念なことじゃ」

当たり前です、と清正は眼だけでかつての主君をいさめながら、御柱様に酌をつける。
「おそらく、大願寺どころか大聖院までもが興味深々で見ておったことでしょうよ。
今頃はどこも御柱様を肴に酒盛りのはずです」
 清正の注いだ酒を口に含みながら、やれやれ、とお柱様は天を仰いだ。
大願寺の大聖院のと大仰に言ったところで、廃仏毀釈の急ごしらえで出て行った元同居人だ。
実家をのぞくのに、遠慮も何もあるまい。
まして、神も仏も地獄耳に変わりはない。

「道理であちこちからの視線が痛かったはずです。
あの娘、最後まで私がほかの者に見えぬということを気付かぬまま、
大騒ぎをしておりましたから、ただびとの衆目も集めたというのに」
やれやれ、とため息をつきながら杯を煽るが、口調の割に顔はほころんでいる。
「そんなことを仰っても、顔が嬉しそうですよ。物陰にも入らずにおられたは、儂らにも見せてやろうとのお心でしょう」
 清正がそう言いながら御柱様の杯を満たす。そんな清正を、赤ら顔の秀吉が睨む。
「虎、おぬしちと黙っておれ。露骨に言うてしもうては、御柱様のお心が台無しじゃ。
儂らは同じ建物じゃから物陰でも覗かれようが大聖院からはそうはいかん。
是非とも、これからも物陰に入らず、ゆるりとお話なされよ」
「殿、儂とどっちが露骨かようわかりません」
男二人は、大声で笑い出してしまった。
スポンサーサイト
15:40  |  小説(神の宮の島)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ktasks.blog53.fc2.com/tb.php/289-a67618ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。